面接で聞かれる質問の意味

こんにちは。やまとごころキャリアの中原です。

 

昨日、ブートキャンプ第2回ミーティングを開催しました。

▼インバウンドビジネス転職ブートキャンプ

https://www.yamatogokorocareer.jp/seminar/20170323/

 

10代~50代のキャリア支援、職業紹介500名の実績を持つ

リクルート出身の人材コンサルタント、

木島英治さんにご参加いただき、

面接に向けてのソーシャルスタイルの分析や

対策方法のレクチャー、模擬面接を行いました。

 

その中でこんな質問が参加者からありました。

「面接で、同僚にどういうイメージを持たれているか

聞かれたことがあるが、なぜその質問なのか?」

 

木島さんの答えは、

「目的は2つ、

1つ目は自分を客観視できているか。

2つ目は同僚とコミュニケーションが取れているか。

を知りたいから。」

 

自分を客観視できているかは

「強み、弱みを教えてください。」

という質問でも見られています。

 

自分が見えていないと、

入社後アドバイスを素直に受け入れられなかったり、

コミュニケーションがうまくいかなかったりします。

 

自分で思っている自分と、

他人から見えている自分を

時々すり合わせることが

自分の客観視につながります。

 

「私ってどいういうイメージ?」

と聞ける関係を築けているかも

大切です。

 

 

<今週のインバウンド転職アクション>

同僚に自分のイメージを聞いてみる

スーツの色

こんにちは。やまとごころキャリアの中原です。

 

つい先日、入社式を迎えた新卒男子の話です。

 

みんなが同じような黒や紺色のスーツの中、

彼は驚くほど明るい青色のスーツを着て

就職活動をしていました。

 

さらに面接の逆質問(求職者からの質問)で、

「面接では自分の良いところばかりアピールしたので、

これから短所を言います。私は生意気で…使いづらいと思いますが、

それでも良ければ採用してください。」

 

あるいは面接中にこの企業には合わないと感じたら、

「やっぱり御社には合わないと思います。」と

はっきり告げたそうです。

 

その目的は

「自分を偽って入社しても、きっとその会社と

合わなくなる。素の自分でいいと思ってくれる会社に

入りたかった。」とのこと。

 

落ちた企業はたくさんありましたが、

結果として五大商社のうち2社、

そして大手コンサル会社1社から内定を

得ました。

 

彼は自分に適した就活の型を見つけ、

それを実行し、第1志望の会社に入りました。

 

型の象徴がスーツの色だと思います。

 

みんなと同じが安心できるなら黒や紺でOK。

同じで嫌だと思うなら、自分の来たい色を着る。

 

大切なのは何色を着るかではなく、

なぜその色なのかを説明できることです。

 

インバウンドに関わるお仕事をするのなら、

「あなたは何者か、何を考えているのか」を

自分に問いかけていきましょう。

 

 

<今週のインバウンド転職アクション>

なぜインバウンドに関わる仕事がしたいのか?

その答えを考えたら、さらになぜそう思うのかを問いかけよう。

準備が大切

こんにちは。やまとごころキャリアの中原です。

 

 

前回は面接に進むヒントでした。

 

応募時のコメントがしっかり書け、

書類選考を通過、面接への案内が来たら、

大きなチャンスです。

できる限りの準備をして悔いの無いよう臨みましょう。

 

場面ごとに、準備しておくことを説明します。

 

①面接場所に着くまで

面接場所への行き方、かかる時間を確認し、

余裕を持って到着できるようにしましょう。

 

②受付をすませて椅子に座るまで

受付から面接が始まっていると意識しましょう。

第一印象がその後の選考にも影響します。

服装、髪型はもちろん、入室、着席のマナー

の確認、笑顔も練習しておきましょう。

 

③質疑応答など面接本番

まずは自己紹介を1分でできるよう練習しましょう。

志望動機「なぜその企業に入りたいのか、自分の経験や

得意なところを活かして何がしたいのか」を話せる

ようにしましょう。

他に長所・短所、転職の理由などの答えも用意します。

最新のインバウンド関連ニュースのチェックも忘れずに。

 

できる限りの準備をしたら、まさに

「人事を尽くして天命を待つ」です。

 

何かご質問がございましたら、お気軽にコメントをください。

 

 

 

<インバウンド転職アクション>

自己紹介をスマホで自撮りしてみる

(自分のクセを発見することができます)

素直さ

こんにちは。やまとごころキャリアの中原です

 

インバウンド業界で働くことと、

転職活動に共通することがあります。

 

それは「素直さ」が大切だということです。

 

単に「従順であれ」ということではありません。

一言でいうと、「自分の考えをいったん置いておいて、

他人の言うことを拒絶しないで聞いてみる」ということです。

 

人は自分の考えを否定されると、

自分を守ろうとして目に見えないバリアを張ることがあります。

 

他人の考えを「自分と違う」と入口ではねつけるのではなく、

「私はそう思っていなかったけど、そういう見方もあるのか。」

と聞く(聞くふりではありません)。

 

そしてその内容を感情

(何か自分を否定されたように感じ、悲しい、悔しい、むかつくという感情)

は脇に置いて眺める。

 

「そんな見方もあるのか、

それを取り入れることによって、

私の成長につながるかもしれない。」

と思えるようになればしめたものです。

 

言葉で言うのは簡単ですが、

バリアをとることはかなり練習が必要です。

 

自分が正しいと思っていることでも、

それが正しくないと判断する人もいます。

個人的な信念だけではなく、

客観的だと思える事実についても

それぞれの視点によって物事のとらえ方は違ってきます。

 

長年培ってきたそれぞれの思考パターンがあり、

自分の見たいように世界を見ることは自然のことです。

 

それを理解した上で人に話をする、

人の話を聞くことがポイントだと私は考えます。

 

インバウンド業界では、

外国人目線でどれだけ考えられるかが大切です。

 

これまで日本では常識だと思っていたことが、

他国では非常識になったり、

自分は当たり前だと思っていたことが、

外国人にとっては不思議だったり、不便だったりします。

 

素直な心で受け止めて、

解決策を考えるところにビジネスチャンスが生まれます。

 

就職活動では、

採用企業の目線でどれだけ自分を客観視できるかが大切です。

 

他の人のアドバイスをいったん受け入れ、

実行してみる。

 

自分の考えに固執しないで話を聞ける姿勢ができると、

面接でも伝わります。

 

実際にやまとごころキャリアを通して採用された

企業担当者に採用の決め手をお聞きすると、

「能力だけでなく、素直なところを評価した。」

との声を多くいただきます。

 

特に未経験の方がインバウンド業界に転身する場合、

素直であることが吸収するスピードにも影響すると

採用担当者の経験からも言えるようです。

 

素直な心で受け止める人には、

周りからの支援がどんどん集まります。

 

松下幸之助さん(「その人誰ですか?」

と最近大学生に聞かれて驚愕しました)は

80歳を過ぎてもなお、「自分はまだまだ素直を極められない」と

おっしゃったそうです。

 

<インバウンド転職アクション>

  • 松下幸之助さんのいう「素直」はどういうことか、検索する。
  • 周りの家族や友人に「絶対に怒らないから、率直に私の直したほうがいいところを言ってください。」と聞いてみる。