面接で聞かれる質問の意味

こんにちは。やまとごころキャリアの中原です。

 

昨日、ブートキャンプ第2回ミーティングを開催しました。

▼インバウンドビジネス転職ブートキャンプ

https://www.yamatogokorocareer.jp/seminar/20170323/

 

10代~50代のキャリア支援、職業紹介500名の実績を持つ

リクルート出身の人材コンサルタント、

木島英治さんにご参加いただき、

面接に向けてのソーシャルスタイルの分析や

対策方法のレクチャー、模擬面接を行いました。

 

その中でこんな質問が参加者からありました。

「面接で、同僚にどういうイメージを持たれているか

聞かれたことがあるが、なぜその質問なのか?」

 

木島さんの答えは、

「目的は2つ、

1つ目は自分を客観視できているか。

2つ目は同僚とコミュニケーションが取れているか。

を知りたいから。」

 

自分を客観視できているかは

「強み、弱みを教えてください。」

という質問でも見られています。

 

自分が見えていないと、

入社後アドバイスを素直に受け入れられなかったり、

コミュニケーションがうまくいかなかったりします。

 

自分で思っている自分と、

他人から見えている自分を

時々すり合わせることが

自分の客観視につながります。

 

「私ってどいういうイメージ?」

と聞ける関係を築けているかも

大切です。

 

 

<今週のインバウンド転職アクション>

同僚に自分のイメージを聞いてみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です